持ち運びが大変な住宅用洗剤は通販サイトで買おう【メリットを紹介】

女性

上手に洗剤を選ぶには

レディ

洗剤ごとに得意分野が違う

キッチンをはじめ風呂やトイレ、床に窓など、住居用洗剤は多くの場で活躍します。メーカーごとに独自の配合を研究しているので、洗浄効果も様々です。数ある住居用洗剤のうち、どれが自分の求めている効果を持つかを見極めましょう。主要成分で区分すると、住居用洗剤は中性洗剤・アルカリ性洗剤・酸性洗剤の3つに分けられます。化学薬品が絡むので、汚れの性質に合っていなければ十分な効果を得られません。強力な洗剤は手肌への影響も大きいので、普段使いにはあえて弱い住居用洗剤を選ぶのも大事です。普段使いの住居用洗剤といえば、代表的なのが中性洗剤です。水洗いでは不十分な軽い油汚れも、サッと落とせます。中性ゆえにどんな素材にも使え、肌にも優しくて安心です。食器用に風呂用にと毎日使う住居用洗剤ですから、安全なものを選びたいと考える人も多いです。換気扇用洗剤やカビ取り用洗剤など、強い汚れにはアルカリ性洗剤が活躍します。配合成分によって効果に差が大きいのもアルカリ性洗剤の特徴があります。成分が強ければ強いほど、手肌への影響力も強くなります。日頃から使える弱アルカリ性のタイプもありますが、ゴム手袋必須の強力なものもあると知っておきましょう。残る酸性洗剤は、サビ取り用洗剤など特殊な汚れに対応しています。こちらもガラスやステンレスを劣化させるほど強力なので、取り扱いに注意しましょう。普段使いならば手肌に優しいタイプの住居用洗剤がいいでしょうし、溜まった汚れをまとめて落としたいならば強力な住居用洗剤が必要になるでしょう。自分の掃除したい箇所がどれほど汚れているかを把握してから選びましょう。